関節痛の悩みをなくしたい!

みなさん、当サイトへお越しいただきありがとうございます。 このサイトは「関節痛の悩み」研究所としてサイトを公開しました。
関節痛というと、経験のない方からすると、かなり年を取ってしまったからの病気というイメージがあるかもしれませんが、実は誰にでも起こる可能性がある身近な症状なのです。

そう・・・「関節痛」と気が付かないだけで、実はその痛みも関節痛なのかもしれません。
子供だってかかるのですから・・・。

このことに気が付かずに適切な対策や治療をしないでおくと、症状の悪化だけではなく、後々になってより困った事態になることも多々あります。
「大丈夫!大丈夫!」と安易な判断はせずに、しっかり状態を確認してみることが大切です。

当サイトでは、関節痛についていろいろな情報を提供していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

管理人の昔話<サイト開設にあたって・・・>

子供から始まってあらゆる年代で起こるのが関節痛です。

それだけに関節痛の種類も原因も様々です。

種類も原因も様々なのは腰痛も同じですが、腰痛と違うのは原因が特定できるということです。
関節痛の予防と言っても難しいのですが、関節痛のひとつに「手根幹症候群」というのがありました。

近所のご主人が最近この手根幹症候群になって、病院へ通っているのですが、なかなか改善されずに仕事を変えようかと言っていると聞きました。

 

手根幹症候群は、私も2番目の子を出産する直前から、産後悩まされました。

出産後子供の1ケ月検診の時についでに外科を受診したら「手術しないと、今動きにくくなっている親指も曲がったままになってしまう。」と言われ、乳呑児を抱えて、そして幼稚園へ入園時の子供がいるので、入院と聞いて涙ポロット出てしまいました。
それを見た先生は、すかさず「手術と聞いてみんなびっくりするけれど、大変な手術じゃない!!!」とマジで怒られました。

手術が怖かったのじゃないのに^^;でも、手術をしてすぐに回復しました。

手術後先生に詳しく聞いたら「手根幹症候群は産前産後とか更年期とか、女性に起こりやす病気です。

原因としては、あなたは人よりも神経の数が多くてそのためなりやすかった。

でも、今手術をしたから更年期にはこの病気にはならないでしょう。」と説明してくれました。
先生の言った通り術後すぐに回復しましたし、更年期にもなりませんでした。

怖かったけれど良い先生でした。わたし以外の患者さんも、診察の時、きつい言葉でポンポン言われていました。

外科の先生だから怖いのも仕方がないのかもしれませんね。
関節痛は腰痛以上にかかっている人が多いのではないのでしょうか?

腰痛の方がほんとうに動けなくなってしまうので、インパクトが強いのですが、関節痛はリュウマチ他色々なことに関係して、多くの人達が苦しんでいます。

息子の小学校の時の同級生は、小学校にしてすでに先生より背が高かったのですが、関節の成長が背丈の伸びる成長に追い付かずに関節痛で悩んでいたようです。
関節痛の予防と言ってもちょっと難しいのですが、適度な運動は確実に効果があると思います。

腰痛予防にも、成人病の予防にも適度な運動が推奨されています。

健康で一生を送るためにも真剣に考えてみることをお勧めします。

 関連サイトのご紹介

関節痛で悩んでいるなら、いち早く専門医師の診察を受けることをおすすめしますが、

「まだちょっとそこまで深刻ではない・・」

「少し様子を見たい・・」

という場合は、やはりサプリメントの服用がいいでしょう。

参考ページ⇒関節痛の傷みを和らげるサプリメント

 

グルコサミンのサプリメントは現在たくさんの種類が発売になっています。
コンドロイチン入りや、コラーゲン入りなどで相乗効果を狙ったものや、体内への吸収が良くなるように工夫されたものなど、種類も価格も様々です。
どのようなタイプのグルコサミンサプリメントを選べばいいか迷っている方には、こちらのサイトがおすすめです。
⇒「グルコサミンの比較ランキングサイト

Copyright(c)「関節痛の悩み」研究室,All Rights Reserved.