Home部位別関節痛 ≫ 手・指の関節痛

手・指の関節痛

GUM06_PH01032私達の体の様々な部位に起こる関節痛ですが、手や指にも関節痛が起こります。

手・指の関節痛には、「関節リウマチ」「手指の変形性関節症」「指の腱鞘炎」「手根管症候群」「突き指」などが挙げられます。

突き指による痛みだとか、指の第一関節が痛いとか、指の第二関節が痛いとか、指が腫れるとか、指関節に変形があるなど、さまざまな原因が考えられます。

いずれも命には別条がないとはいえ、痛みが伴いますし日常の生活にも支障をきたします。

 

手・指の関節痛のひとつに、関節リュウマチがありますが、リュウマチは指の関節だけではなく、体の様々な関節に炎症が起こり、通常腫れと痛みの両方の症状を伴います。

そして、指のリュウマチは指が曲がってしまいって思うように動かせなくなります。

私が過去にかかった神経手根管症候群も親指が曲がってしまうといものでした。

親指が思うように動かせなくたったので、家の人達も最初「リュウマチ?」と思ったものでした。体の他の部分に出るリュウマチも体は変形するなどもあるようです。

手指の変形性関節症には、「ヘパーデン結節」「ブシャール結節」「拇指CM関節症」などがあります。

手指の変形性関節症は、長年に渡って手や指に負荷が繰り返されることによって起こる関節症です。手の指の負担の大きさで手や指の関節の軟骨がすり減って起こり、指の変形と痛みが伴います。

また、化膿性腱鞘炎は、普通の手指の使い過ぎから起こる腱鞘炎と違い、怪我などの傷口から細菌が侵入して起こる関節痛でかなりの痛みが伴います。

Share this page

Copyright(c)「関節痛の悩み」研究室,All Rights Reserved.