Home治療法 ≫ 関節痛の運動療法

関節痛の運動療法

関節痛が発症した時は薬物療法や運動療法、あるいは手術での治療が行われます。

薬物療法は痛みを抑えたり進行を遅らせる程度しか効果が無く、根本的に治す治療ではありません。

痛み止めの注射は治りを遅くする弊害がありますが、しかし、関節痛は時には耐えられないほどの激痛に襲われますから、そのときは鎮静剤を打ったりします。

 

関節痛を根本的に治すには、なんといっても運動療法が一番なのですが、長い期間を必要としますが、医師の指示に従って運動をして関節痛を克服している人は大勢います。

医師の指示に従ってといっても、長い期間通うわけではないのです。自己流でやっていてはあまり効果がなかったり、時には悪い方へ行ってしまうこともありますから、正しい方法での運動療法を行うのが大切です。

GUM09_PH05045

関節痛は発症した当時や、痛みがある間は安静にしていますが、しかしいつまでも安静にしていると筋力を落とすなど、かえって関節痛を進行させてしまう結果になる恐れもあります。

特に変形性膝関節症などはその恐れが強いので、医師や看護師の指導の元に適切な運動を行います。変形性膝関節症の場合、外科ではリハビリテーション行います。「可動域訓練」ではひざの曲げ伸ばしの回復を測り、「筋力訓練」では膝を支える筋力の回復を測ります。

 

リハビリテーションは、関節痛の運動療法で行われるだけでなく、交通事故の後遺症他、脳梗塞などで半身不随になった患者さんが、患者さんの状態に合わせたメニューで進められ効果をあげています。

 

Share this page

Copyright(c)「関節痛の悩み」研究室,All Rights Reserved.