Home関節痛豆知識 ≫ 関節痛の原因とは?

関節痛の原因とは?

関節痛の原因と言っても、関節痛そのものがたくさんあるので、これが関節痛の原因ですと一口に言えないものがあります。

ただ気になるのは、この10年で関節痛が急増しているということです。

そして、女性のほうが男性よりもさらに急増しているのです。これは一体どういうことなのでしょうか。

 

関節痛は加齢とともに増加しますから、自分の家のおじいちゃんやおばあちゃんが膝が痛いとか言っているのを聞いた思い出がある方も多いと思います。

そして昔はトクホンを貼るのが主流で、多くのお年寄りがトクホンのニオイをプンプンさせていました。

年を取ると、骨同士を円滑に繋ぐ働きをする軟骨が擦り減ってしまい、スムーズな関節の動きが出来ずに関節痛を発症します。

 

GUM13_PH10009高齢者以外では、スポーツ他仕事で関節を多く使う人に関節痛が多く発症していると言われています。

高齢者は年齢による軟骨不足なのですが、スポーツ選手などは関節の使い過ぎによる軟骨の栄養不足とか、軟骨の破壊によって関節痛を引き起こします。

 

だとしたら、軟骨を鍛えれば関節痛が防げると思うのですが、関節痛を和らげる手段として、最近言われていることが、関節痛の原因になっている軟骨を強化する栄養素を摂ることが勧められています。

 

関節痛予防のための骨を強化する食品には、カルシウムを多く含む食材の牛乳や乳製品、大豆製品、魚などがあります。

そして、これらが体内に吸収しやすくなるように、ビタミンDを多く含む食品を心掛けて摂ることで相乗効果を発揮してくれます。

Share this page

Copyright(c)「関節痛の悩み」研究室,All Rights Reserved.